読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

6mm方眼ノート

方眼紙に書くと、なんとなく、普通の紙に書くよりも整理できるような気がするよね。

若者だけじゃない、おっさん・オバサンだって社会を変えられる

若者の力が、とか、社会とワカモノが、とか、何かとエンパワメントは「若者」を軸に語られがち。

まあ、話は分かります。若者のほうが未来に「幅」がありますものね。
でもなんか違和感がある。
おっさんはピーク過ぎとるから得意な事で経済活動しとけ、みたいな空気が、どうしても、ある。

 
若い連中からエネルギーが放出されるのって、当たり前というか、ありきたりというか、わざわざ大人たちがお膳立てしてフォーカスする程のもんなのか?と感じてしまいます。
煽りすぎてねーか、ちょっと。
現状では足りない!若者はもっともっと、すべからく、社会に価値を創出せねばならない!ということなんかなぁ。

 

ほっときゃ いいのに ね。若いんだし。

 

そもそも元気なやつは元気だし、おとなしいもんはおとなしい。その点において、若者だろうがオトナだろうがジジババだろうが、関係ないんだけどねぇ。

 

持論ですが、ほんとうに社会にインパクトを与えるエンパワメントは、大人層、労働者層から創出されなあかん、って思っています。
俺自信が、もう いい歳 やから、そう思うだけかもしれませんけど。

いい歳したオトナが、日々の暮らしの中で、なにかしら価値のあることを周りに少しずつ染み込ませていく、みたいなね…そんな世の中、おもしろいやん。そんな社会、素敵やん。
 
俺はそうありたい。
「まだまだ若いから、いろんなものを創出、放出できる」のではない。

真逆で、「俺がきちんとオトナになったから」だ。

いい大人になった俺が、大人の感性で、大人の立場を守りながら、ちゃんとエンパワメントする、そうでなくちゃ面白くない。