読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

6mm方眼ノート

方眼紙に書くと、なんとなく、普通の紙に書くよりも整理できるような気がするよね。

ウインナーコーヒーという名の、嗜み。

中野で「うすた展」をぶらり干渉したあと、時間があいたので友人とカフェにでも、とブロードウェイ近辺をぶらぶら。

友人が喫煙者なので、タバコの吸えるところを探したのですが、なかなか上手く見つけられない。頼みの綱のベローチェも禁煙であるという。
こんなに広いのに…土日だからでしょうか…。

流れ流れて、結局、いわゆる「喫茶店」風の某店へ。

 ___

メニューに「ウインナーコーヒー」の文字を見つけると、どうしても頼みたくなってしまうんですよね。

シアトル系のカフェでは飲めない、というのもありますし。

 f:id:yamamotonobuhiro:20160119234617j:image

ウインナーコーヒー。私にとっては「純喫茶のアイコン」。

せっかくウインナーコーヒーのある店に入ったのだから、やっぱり、注文したい。

砂糖は入れずに、そのままいただきたい。

なんていうか、マイルールでしか無いのでしょうけど、それが私にとっての、【喫茶店の嗜み】。

 

ずっと昔、ほんとうにまだ小学校の低学年くらいだった頃。家族で入った喫茶店で
「お母さんはウインナーコーヒーにしよ。」
と言って母親が注文したのが、私とウインナーコーヒーとの出会い。
「ウインナーてお肉のソーセージみたいのじゃないのよ、クリームが乗ってるコーヒーを、ウインナーコーヒーっていうの」
得意気に姉と私に語りかける母親。子供ごごろに、ふぅん、とうなずく1コ上の姉と私。

いつ頃だったか…

どこの喫茶店だったか…

詳しいことはなんにも覚えていないけど、母親が注文した、その思い出だけは、なぜか強く脳裏に残っているんですよね。

 

たまに見かけてしまうと、どうしても、頼んでしまうんですよね。そして母のことを少しだけ思ったりする。

 

っていうか、これ、どうやって飲むのが、マナーとしては正しいんでしょうね

上のクリームをクリームのままなるべく維持したいですけど、飲み進めていると、どうしても、崩れてしまう。

ただのミルクコーヒーと化してしまう。

そんな諸行無常な有り様も含めて、なんか憎めないやつなんですよね、ウインナーコーヒー。

 

っていうか、これ、ウイーン地方の飲み方なんですかね?どうなんでしょうね。

調べれば分かるのかもしませんが、ここは敢えてググったりウィキったりせずに、頭のなかにひとつ、ちいさな謎を残しておきたいところです。

___


余談ですが、「うすた展」で 落書きしてもいい壁 ってのがあったので

小さく【 わ か め を 】って落書きしてきました。はい。

 f:id:yamamotonobuhiro:20160119234706j:image