読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

6mm方眼ノート

方眼紙に書くと、なんとなく、普通の紙に書くよりも整理できるような気がするよね。

やっぱりGACKT氏は、一流の芸能人なのだと思う。

あのガクト様が円形脱毛症になったそうですよ
しかも「格付け」が原因で。

完璧無比の超人GACKTも人の子だったということか…

お遊びとして割りきらなきゃ見てられない

「芸能人格付けチェック」は歳末の特番としては恒例企画。
確かに面白い番組だと思います。カッコつけている芸能人の皆様の、味覚、聴覚などがほんとうに一流なのかを検証してみよう、というコンセプトもいいですし、番組内で二流、三流と堕落していく方々の様子を見せる、という構図もエンタメとして悪くない。

「ひとを馬鹿にしている」、「そんなことで人間の【格】が決まるわけではない」という批判的な見方もできるのでしょう。
でもまぁ、テレビですから。
バラエティですから。
別に本気で「こいつら映す価値なしの人間だ」と思ってるわけじゃないですから。
 
そもそも、マジレスしちゃえば、数億円の盆栽の価値を分かって、ストラディバリウスも聞き分けられて、価値ある名画と贋作を見分けられなきゃ【芸能人】として【一流】だと認められない、なんて道理が通るわけ無いでしょって話。

芸が一流なら、芸能人としては一流なんだから。

 
別に味覚が凡庸でもクラシック音楽に興味なくてもいいんですよ。
あくまで、あの番組内での「一流芸能人」というラベルですから。
遊びですから。
ゲームですから。

 

じゃあ、あの番組で、偶然すべての項目をクリアすることができたら、芸能人として一流なのか?って話ですよ。

 

一流の人間=金を稼げる=ブルジョワ嗜好に長けている、という構図は分からなくもない。「バラエティ番組の中で」、「与太話として」、笑って済ませるネタとしては、まあアリでしょう。
 

エンターテイナーとしてのプロ意識は、確かに「一流」だ


にしてもGACKT氏は勝ちすぎた。

事実としての、GACKT氏が芸能人として一流か否か、ではなく、
あくまで「格付けチェック」における、“カッコつきの”「一流芸能人」であり続けすぎた。

(無論、「格付けチェック」に出演していなくても、もともと一流のエンターテイナーであったが)


なにせ周りが期待しすぎてしまう。
ガクト様なら正解してくれるだろう、みたいな空気が確かにある。

その「いつのまにか発生してしまった、不本意な期待」にも、しっかり答えなければならない、期待してくれる人々を裏切れない、という
「エンターテイナーとしてのプロ意識」
が、GACKT氏のプレッシャーの本質なのだと思う。
 
タレントとして、テレビの企画だとしても、仮りそめの・お遊びの「一流」の称号だとしても、期待してくれるファンがカメラの向こう側に居るかぎり、裏切れない。期待に答えたい。その心情が円形脱毛症にまで出てしまったのだろう。

だとしたら、やっぱりショービジネスに生きる者としての「プロ意識」は本物だろう。

そういう意味で、GACKT氏は、一流の芸能人なのだと思う。