読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

6mm方眼ノート

方眼紙に書くと、なんとなく、普通の紙に書くよりも整理できるような気がするよね。

突然ですが「本を出そう」と思っています

いや突然すぎる話ですが、今、山本ノブヒロは
「本を出そう」ということを、
けっこう本気で考えています。
 
これは、私がぼんやりと叶えたかった「ゆるい夢」のひとつでもあります。
 
誰のココロの中にも、「ゆるい夢」って、あると思うんです。
ああしたいな、こうしたいな、こんな人間になれたらいいな、でもそれに人生をかける、ストイックに全てを捧ぐ、それほどの勇気もない。
そんな、いわゆる「戯言(たわごと)」「絵空事」を、敢えて「ゆるい夢」と呼んでみようじゃありませんか。
 
あるでしょう?誰にだって、「ゆるい夢」。
私にも幾つかあります。
 
そのうちのひとつが、
「自分の名前で、自分で看板を背負って、社会に通用する発信をすること」
です。
 
ブログとかTwitterとかFacebookで出来るやん、と思われる方もいるかもしれない。
しかし、商業主義の中で、流通に乗る、ということを目指したい、と私は考えています。
アフィリエイトブログすればいいやん、と仰る方もいるかもしれない。
しかし、古典的な既存の方法で、いやらしい言い方を敢えてするならば「権威の傘の中に参入する」ことにチャレンジしたい、と私は考えています。
 
具体的にはISBNコードを取得し、出版社から出版する。
わたしの名前で著書を出版する。
これを1年以内に叶えたいと考えています。
2016年10月30日までに考えたい。

で、いったい何の本を書くの?

ネタはあるんです。
本を書くためにネタを探して文章をひねり出さねばならない、という「お仕事感覚」でなく、
このトピックスをより多くの人に伝え、語り、そして皆様に考えて欲しい!と思える「ココロの叫び」のような事柄が、あるんです。
2つ、あるんです。
 

口ばっかりじゃなくて、実現するには

 
素人なりに、実現に必要な要素をざっくりと考えてみる。
あくまで個人の成果として、個人名で、出版社から本を出す
 ・具体的な企画
 ・執筆能力
以外に
 ・出版社(編集者)に「著者」として認められること
これが必要だな、と思う。

商業主義のなかで「出版」というビジネスを生業にしているプロに
「使える商材」である、と思われる必要があるということ。
 
 
これから、具体的に、私が私の名前で本を出すために
具体的に取り組んだことは全てブログに記録していこうと思う。
 
なんていうか、頑張る。
 
話ちょっと逸れるけど、頑張る、ってなんだろうね。