読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

6mm方眼ノート

方眼紙に書くと、なんとなく、普通の紙に書くよりも整理できるような気がするよね。

それも妖怪のせいなのね、そうなのね

スーパー戦隊生誕40周年、新ヒーローは『手裏剣戦隊ニンニンジャー』
http://www.oricon.co.jp/news/2046483/full/
 
過去に忍者モチーフは、『忍者戦隊カクレンジャー』(94年2月〜)、『忍風戦隊ハリケンジャー』(02年2月〜)があり、いずれも人気シリーズとして大ヒット。3作目となる今作のヒーローは、「ラストニンジャ」とうたわれた史上最強の忍者・伊賀崎好天を祖父に持つ、5人の若者たち。かつてラストニンジャによって封印されたはずの妖怪が復活。いとこ同士の5人は「ニンニンジャー」として、人々を襲う妖怪を倒すために立ち上がる。彼らは「忍びなれども忍ばない!」を決めゼリフに、手裏剣忍法を駆使し、ド派手な戦いを繰り広げる。


忍者という設定は3作めであるということですが…。
いや、というか、ヒーロー側が忍者であるという設定よりも、敵が「妖怪」であるということが気になる。

こんな言い方あれかな、って思うんすけど
妖怪ありきで企画したろ。これ。
 
地獄先生ぬ〜べ〜』の再燃の際には、おぉ 勝ち馬に乗る感じかぁ、くらいで見ていたのですが、まさか「妖怪」「ようかい」がこんなにも文化的に浸蝕するとは。正直なところ驚いてます。