6mm方眼ノート

方眼紙に書くと、なんとなく、普通の紙に書くよりも整理できるような気がするよね。

思い出の付箋の話

PCのHDDの容量に余裕がない。

外付に逃がせばいいだけの話かというと少し違っている。
なんというか、妙に「写真」の量が多い。

最初に買ったソニーサイバーショット以来のデジタル写真は、全て残っている。12年分…?くらい?だろうか。そのあと買ったデジカメの写真も、携帯電話の写メフォルダ内のものも、全て残っている。
何千枚のではたぶん足りない、万桁の写真たちだ。

大事な写真もある。
変わりゆく地元の写真。
旧友たちとの写真。
あーそういえば手伝ったなあこんなイベント、の写真。
津波のあとを歩いた写真。
などなど、などなど。

反面、これ必要なんかなあ、消してもいいんちゃうかなぁ、というものも多くあるようだ。
1に、ヤフオク出品用の写真。
2に、iPhoneの写真フォルダとの同期フォルダ。

ヤフオク出品したものをいつまでも写真でとってある。
…なんに使うねん、これ。よっしゃ捨てよう。

しかし「iPhoneの同期フォルダ」これが面倒だ。
iPhone4時代のものからずっとある。
そもそも昔はフォルダ分けがiPhone上で出来なかったこともあり、特になんの写真だがわからない?ものが大量に、ただただ、iPhone待避という名目でそこにある。


現役のiPhone5の中には、今日時点で写真が8445枚あるが、もちろんフォルダ分けはされてない。
iPhone4の頃から移管してきた頃のものもある。
幾つかはフォルダ分けされた状態でPCとiPadに入っているようだが…

てことは重複もあるわけだ。きっと

詳しくはわからない。
ああああめんどくさ。

消そう。
もう具体的なトピックスに紐づくもの以外は消そう。
思いつく限りのフォルダつくって、そこに該当しなきゃ消そう。
そのフォルダだけiPhoneと同期すればいいや

「写真は 思い出の付箋」
綾瀬風香さんの名言だ。
(出展:あずまきよひこよつばと!』)

ごもっともである。
その写真をちらり見るだけでその日の記憶がよみがえる。

いや、しかしね。

撮りに撮りまくった数万枚の写真があるとして、それを見なおしたとして、
「うわー懐かしいな、こんなのあったなー」
って確かに思えたとして、

うーん。
確かにぶわっと蘇える記憶はあるよ。
あるけど。
なんか無理やり呼び出してるっていうか、なんていうか。例えば一年に一度、写真を見直すことで、ひととおりぜんぶ思い出すことが出来るとして…それって良いことなんかなあ?

その思い出 ほんとに 全部 いる?って思ってしまう。
ヤフオクで売ったものとか笑


【付箋】はやたらめったら貼るもんではない。
大事なところに貼るものだ。
仕事とか勉強でも、べたべた貼りまくると結局ぜんぶ消化できなかったりするのがオチだ。

やっぱ具体的なトピックスに紐づかない写真は消そう。



でも、消す前に、最後に観よう…
ってやってたら結局おおむね消せないよね、っていう「大掃除あるある」ですね。

広告を非表示にする