読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

6mm方眼ノート

方眼紙に書くと、なんとなく、普通の紙に書くよりも整理できるような気がするよね。

ちょっとした意識をもって久々のエントリー

何を思ったかブログエントリーを新規に投函してみます。
日々の発信、life historyはtwitterで事足りているのが現状ですが、それだけでは何か弱いような。
こまぎれの付箋を連ねてブレインストーミングするだけでなく「大判用紙にマインドマップを描く(書く?)ように」出力することも大事なのではないか、と常に思ってはいたのです。

ではなぜ本日、こんな時間に、こんなカタチでブログ再開の運びになったのか。
大した理由はありませんが、旧友と久々に会い、六本木のスターバックスで互いの近況を話していたときに
 【何物でもない自分がふと不安になる】
といった旨のぼやきを吐露したことが起因かもしれない。

凡人として生きていくことに胸を張っていればいいじゃないか、とは私が常々いろんな所で口にする事ですが、「胸を張れるだけのもの」がここにあるのだ、と思い続けることができなければ、そんな生き方は出来ないわけで。
誇れるものを手に入れるためには何かをしないといけないわけで。
アルファブロガーを目指す機は微塵もないですが、継続的にブログにエントリーをすることで、今まで失ってた何かを少しでも補填できるんじゃないかな、と思ったりもします。
…理屈ではうまく言えませんですね。心が求めたのかもしれません。もしくは魂。ゴースト?