読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

6mm方眼ノート

方眼紙に書くと、なんとなく、普通の紙に書くよりも整理できるような気がするよね。

twitterだけじゃなくてブログを書くことの目的というか

忙しくてちっとも書けていませんが
書きたいことは山ほどありまして

日本学術会議の「卒業後、数年は新卒扱いに」発言の内実
  (=前回エントリの続き)
・小さな会社の「良さ」「悪さ」
ニートが社会を変えるという矛盾してるけど的を得た話
・ジョブカードの存在と縦割り行政と「就職する」ということ

などなど、です。
しかし、ちょっとの隙間時間に上記のようなエントリが掛けないのは
ひとえに私の「書くチカラが弱い」から。


いま、無職のくせに仕事に追われています
在籍する研究会の名前で報告書を公開せねばならないのに
ぜんぜん完成しないんですよね。焦。

ブログをわざわざ開設しているのは「ものを書く」練習のためでも
あったはずなのに、そのブログを書く時間が
「書き物」のために無くなっていくというなんとも哀れな状態を
生み出してしまいました。我が無力のせいで。

とはいえ、焦ることはない、とも考えています。
人が育っていく、賢くなっていくことに
タイムリミットや年齢制限があるとは思いたくないのです。
自分が夢見る「やり直しのきく社会システム、リカレント教育のさらなる整備」
の哲学に則れば、尚更のこと。

さて、明日も報告書と闘いながら
また余裕があって、気が向いたら、エントリ上げます。

「絶対にエントリ上げなきゃ」と気負うのもまた違うような気がしますし。